凸凹ハウス2.0 〜にわもへやならへやもにわ〜

先日土曜日、「建てようネット大分プレゼンツ 建築家が考える100坪の敷地に建つ平家 パネル&模型展in高江ニュータウン」に参加しました。建てようネット大分に登録している建築家10人の建築家が、高江ニュータウンにある実際の土地に、100坪の敷地の広さを活かした家を提案。プレゼンボードと1/50の模型を出展しました。1/50の模型が10こ並ぶさまは、さながらまちのようでした。
現在、大分インフォメーションハウスさんのビル1階(大分市長浜町2丁目)に展示されています。

d0195917_15151989.jpg


このなかで、DABURAが提案したのは、、

こちら。

d0195917_1516764.jpg


平屋なのですが、おもいっきり天井の高低差をつけています。ちいさい空間、大きい空間、空間のつながり、視線の通りや上下、屋上へ出るなど、さまざまな動きがうまれます。上から降る光、横からにじみでてくる光など、光の楽しみ方も多様です。

d0195917_15191314.jpg


<紹介文>
まちをあるくとき、いつも同じ道ではつまらないから、なんとなくわざと違う道を通ってみたりすこし遠回りをしたり、すると新鮮な気持ちになって新しい発見をすることがある。まち自体は固定していても、自分なりの巡り方でまた違ったものに感じる。これって、自分で「まちを編集」していることにならないだろうか。そして、住まいもそんなふうに「住まい方を編集」できたら楽しいだろうなと思う。いつもとは違う巡り方をしたり、昇ってみたり、いろんな巡り方や居方ができて、毎日ちがう「住まい方を編集」できるような懐が深い家をつくりたくて、「凸凹ハウスVer.2.0」を考えた。

d0195917_15151989.jpg


<つづき>
 副題の「にわもへやならへやもにわ」というのは、庭を部屋のように使えたら楽しいだろうな、いやむしろ部屋を庭のように使えたらもっと、それが次々に繋がっていたらさらにもっと楽しいだろうな、という想いから考えた「凸凹ハウスVer.2.0」のプランの様子を現している。

d0195917_15232510.jpg


d0195917_15235222.jpg


d0195917_15242410.jpg


d0195917_15245414.jpg


d0195917_15284620.jpg


d0195917_15294052.jpg

d0195917_1530633.jpg

[PR]
# by dabura_m | 2012-02-13 15:30 | machi

MACHIBANA! ~住み開きトーク&パーティのご案内~

自宅をリノベーションしたので、オープンハウスを実施すると共に、ゲストを御呼びして「住み開き」トーク&パーティを実施しようと思います。是非いらしてください!


d0195917_22494194.jpg

d0195917_22494814.jpg



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
MACHIBANA! ~住み開きトーク&パーティのご案内~ 

「MACHIBANA!」は、世界中から注目されるような楽しい「まち」をつくるためのアイディアを知ったりヒントを得たり、「まち」をおもしろくしたいと思っている仲間とのつながりをつくるための、トーク&パーティ形式の「住み開き」イベントです。ゲストトーカーの放つ創造力のパワーを呼び水に、日頃はそれぞれの分野で取り組んでいる私達の創造力を繋げつつ、かき混ぜつつ、「まち」をおもしろくするあたらしい文化を、楽しいお話しのなかから生み出してゆけたらよいなぁと思います。

Vol.1(仮)「集まれるまちのつくり方入門!」
ゲストトーカー:西村浩さん(建築家/株式会社ワークヴィジョンズ 代表取締役)

 西村浩さんは1967年佐賀県生まれ。東京大学土木工学科を卒業し同大学院を修了。その後設計事務所勤務を経て1999年に独立。北海道の「岩見沢複合駅舎」で日本建築学会作品賞(2010年)を授賞されたのをはじめ数々の授賞歴をお持ちの、日本の建築界をリードする重要な建築家のお一人です。「ものづくり」を通してひとのつながりや出来事を生み出したり、まちを楽しくするような様々なお仕事に取り組まれています。九州のご出身らしくとても気さくなお人柄の方です。
 西村さんは「大分都心南北軸トータルデザイン設計業務」のプロポーザルで勝利され、統括設計者に就任、現在大分市の駅前やシンボルストリートのデザインなど、将来の大分のまちなかの具体的な姿をデザインする重要な役割を担って下さっています。翌日2月26日の「第4回 大分都心南北軸整備に関する意見交換会」を前に貴重なお時間をとって頂きました。今回は、そんな西村さんから「エコで楽しく暮らせるまちってどんなふうにつくるの?」「トランジットモールって何デスカ?」などなど、これからの時代のまちのつくり方をわかりやすくお聴きしたいと思います。



13:00~17:00 オープンハウス ご自由にお過ごし下さい
17:00~17:30 フリーアナウンス イベント情報、近況、言いたい事など、来場された方で何か伝えたい方、ご自由にお話ください
17:30~18:15 ゲストトーク(仮)「集まれるまちの作り方入門!」西村浩さん
18:15~18:45 質問&トーク
18:45~20:30 パーティ


・参加対象:まちを楽しみたい、おもしろくしたい全ての方         
・参加費:無料
・定員:40名程度 ※会場の広さ等都合上、参加希望の方はメールか電話にてお申し込み下さいますようお願い致します。
 尚、先着順となりますのでお早めにお申し込みおねがいします。


参加申込先:

DABURA光浦: dabura@dabura.info  090-9496-2773

wakako ceramics 坂本:info@wakako-ceramics.eek.jp  090-7395-6026

いずれかまで、お名前、コメント一言など記載の上、件名「MACHIBANA!参加希望」としてメール頂くか、お電話下さい。お問い合わせも、お気軽に御連絡ください。


※住み開きについて・・・自宅や事務所などのプライベートな空間の一部に本来の用途以外の新しいアイディアを盛り込み、様々な人が集えるパブリックな空間へと変えてゆく活動もしくはスペースを指します。 参考HP http://sumibiraki.blogspot.com/



・リノベーション後初のオープンハウスにもなっております。
・個人宅の「住み開き」ですので、申し込み頂いた方に地図をメールにて送信致します。
・パーティはポトラックパーティとなります。ご参加される方は、食べ物、飲み物、お酒など1品ご持参いただけると助かります。
・ホームパーティーのよう な感覚で、気軽にご参加ください。
・オープンハウスのみのご来場は特に定員はありません。お気軽にご来場ください。(メール頂きましたら、地図を送信します。)
・駐車場はありませんが、ワイドマートのコインパーキングが利用できます。


主催:「MACHIBANA!」実行委員会
協力: DABURA  wakako ceramics

DABURA
HP : http://www.dabura.info/ mail : dabura@dabura.info
[大分オフィス]
〒870-0023 大分県大分市長浜町2丁目12番4号シンサントビル6F
tel&fax : 097-560-0978
[福岡オフィス]※移転して住所が新しくなりました!
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院3-7-16-402
Tel&Fax : 092-406-6250

wakako ceramics
HP : http://wakako-ceramics.eek.jp/ mail : info@wakako-ceramics.eek.jp
〒870-0023 大分県杵築市新町381 杵築市役所前
tel : 090-7395-6026
[PR]
# by dabura_m | 2012-02-07 22:49 | machi

本年もよろしくお願い致します。

本年も、建築設計を中心に、建築家としての様々な活動を通して皆様のお役に立てれば幸いです。
本年も、よろしくお願い致します。

DABURA/光浦高史
[PR]
# by dabura_m | 2012-01-04 20:09 | blog

ベップユケムリ大学BEPPU PROJECT学部でトークします!

私光浦は、ベップユケムリ大学BEPPU PROJECT学部の、「大分の建築家×BEPPU PROJECT」第3回にて、BEPPU PROJECTのリノベーション事業に携わった建築家ということで、モデレータの山出氏、林氏とクロストークを致します。大分で建築にとりくむことのおもしろさ、可能性についてなどお話できればと思います。お時間有りましたら是非お越し下さい!

日時:2011年11月26日(日)13:00〜14:30
場所:BEPPU PROJECTオフィス(DABURAがリノベーションを担当した場所です。)
定員 :20名

↓下記サイトで予約できます。
http://www.beppuartmonth.com/app/program/37047

ベップ・アート・マンス2011公式HP
http://www.beppuproject.com/newslist/2011/09/669.html
[PR]
# by dabura_m | 2011-11-22 18:12 | art

九州アートネットワーク車座会議in西米良に参加

九州アートネットワーク車座会議in西米良に参加致します。
今月の29、30に渡って開催されます。
この会議は、九州の現代アートに関わる若手リーダー達がつどって、
九州の現代のアートシーンづくりとそのためのネットワークづくりについて話をする公開会議です。
私も、建築家ではありますが、なぜかこの会議にいれて頂いていて、とても刺激になるのと、九州のいろんなところに行けて楽しいことになっております。

ちなみに今回で4回目。1回目は別府の竹瓦温泉2階、2回目は熊本の河原町、3回目は長崎の波佐見・モンネポルト、4回目は今回で、宮崎県の児湯郡西米良村にある、おがわ作小屋村。なんと、「平成の桃源郷」だそうです。この村にいくには、一本しか道がないそうです。クローズド・サークル、ってやつですよ。どきどき。
今回のホスト役は、NPO法人MIYAZAKI C-DANCE CENTERのみなさん。C-DANCEとはコンテンポラリーダンスのことですね。現代ダンス、前衛ダンスなどともいうでしょうか。それに取り組んでいるNPO法人の方達です。

建築家がなんでアートの会に??って感覚がやはり自分でも少々あるのですが、建築とアートは基本的には陸続きの隣接分野。そして、アートを展開するときにはかならず「空間」が既にあるし、新たにうまれる。アートが発生する前提条件のようなものを扱うという側面があるのかな?だから建築家が入っていてもいいのかなと思っています。

大分からは、どうも6時間くらいかかりそう。どうしよう。
勇気あるかた、一緒に行きませんか?
d0195917_2121113.jpg


d0195917_21211122.jpg


d0195917_21211977.jpg

[PR]
# by dabura_m | 2011-10-20 21:23 | art


建築家/DABURA.m代表 の 光浦高史です


by dabura_m

プロフィールを見る
画像一覧

PROFILE

建築家。1977年生まれ。早稲田大学理工学部建築学科を卒業後、2000年~2007年青木茂建築工房に所属。その間、住宅、再生建築、公共建築など様々なプロジェクトのデザイン・設計監理 を担当。青木氏の著作や学術研究にも参加。2009年より、池浦順一郎と「DABURA」を共同で主宰。大分市をベースに九州・山口で設計活動中。
1級建築士。

住宅やクリニックをはじめ、さまざまな建築設計・デザインにとりくんでいます。お気軽にご相談下さい。
mitsuura@dabura.info

<受賞>
2010年豊の国木造建築賞・優秀賞
ART PLAZA U-40建築家展2011にて投票第1位獲得
九州建築家バトル2011にて優勝

<作品2010>
ココロアニマルクリニック+池田邸
黒田歯科クリニック
<以前の担当作品>
湯布院のゲストハウス
「佐伯市蒲江 海の資料館・時間(とき)の船」
S邸

HP : www.dabura.info
twitter
facebook

九州建築家バトル

カテゴリ

全体
kenchiku
machi
art
I-house
ueno share house
cocoro animal clinic
kuroda dental clinic
osake
tabi
blog
BP office
jinsei
ongaku
babashika
未分類

ブログパーツ

フォロー中のブログ

wakako cera...
dedicated.
フリークな日々
DABURA.i

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
30代

画像一覧