九州建築家バトル2011に参戦致します

この度は、九州建築家バトル2011に出場致します。

ところで、建築家てどうやってバトるのでしょうか?
たとえば、格闘家だったら、うんうん、普通に手なり足なりでバトりますよね。
騎手?馬に乗ってバトります。棋士?将棋を打ってバトります。
他にも、女性がひとりの色男を巡ってバトる、とか、「この泥棒ネコ!!」みたいな。
とにかくバトルには、いろいろなバトり方が、あるってことです。

では建築家は、、?
鉛筆で刺し合う、三角定規でつつき合う、パソコンで叩き合うなどのバトり方も、無くはないですが、、一般的には、「コンペ」というやつですね。「コンペ」って、コンペティションの略した言い方です。ゴルフでもやりますよね、コンペ。普通の建築家のコンペは、複数の建築家が、建築したい人や企業や公共団体の募集に応じて案を提出して、エライセンセイ方で構成された審査員チームがいちばんよいものを選ぶというものです。
でもね、今回はちょっと違うのですよー。

今回選ばれる、「九州No.1建築家」のデザインした家が実際に建ってしまうのです。
でも、エライセンセイ方で構成された審査員チームなどどこにもいません。
No.1を決めるのは誰か?それは、会場に来てくれる方(たぶんあなた!)の投票です。

建築家のNo.1は、いままでエライセンセイがなんとな〜く決めていました。
でも、家に住んだり建築を使ったりするのは、エライセンセイではありませんよね。
だから、「九州No.1建築家」を、家に住んだり、建築を使ったりする人、その可能性がある人が選ぶ機会があってもいいと思うのです。

これは、参戦する僕たちにとっても挑戦です。ほんとはコワイのですよ。
No.1は、エライセンセイではなく、実際に住んだり使ったりする人が選ぶという、時代を180度変えてしまう最初の1歩なのですから。

勇気をもって、リングに上がる事にします。
[PR]
by dabura_m | 2011-10-12 16:46 | kenchiku


建築家/DABURA.m代表 の 光浦高史です


by dabura_m

プロフィールを見る
画像一覧

PROFILE

建築家。1977年生まれ。早稲田大学理工学部建築学科を卒業後、2000年~2007年青木茂建築工房に所属。その間、住宅、再生建築、公共建築など様々なプロジェクトのデザイン・設計監理 を担当。青木氏の著作や学術研究にも参加。2009年より、池浦順一郎と「DABURA」を共同で主宰。大分市をベースに九州・山口で設計活動中。
1級建築士。

住宅やクリニックをはじめ、さまざまな建築設計・デザインにとりくんでいます。お気軽にご相談下さい。
mitsuura@dabura.info

<受賞>
2010年豊の国木造建築賞・優秀賞
ART PLAZA U-40建築家展2011にて投票第1位獲得
九州建築家バトル2011にて優勝

<作品2010>
ココロアニマルクリニック+池田邸
黒田歯科クリニック
<以前の担当作品>
湯布院のゲストハウス
「佐伯市蒲江 海の資料館・時間(とき)の船」
S邸

HP : www.dabura.info
twitter
facebook

九州建築家バトル

カテゴリ

全体
kenchiku
machi
art
I-house
ueno share house
cocoro animal clinic
kuroda dental clinic
osake
tabi
blog
BP office
jinsei
ongaku
babashika
未分類

ブログパーツ

フォロー中のブログ

wakako cera...
dedicated.
フリークな日々
DABURA.i

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
30代

画像一覧